ショーウィンドウの展示作品について
正面玄関左側のショーウィンドウに水代達史さん、赤レンガ通り側のショーウィンドウに林宏樹さんの作品を展示しております。
展示期間:2016年2月1日~2016年3月31日

■水代 達史




作品名:TRANS PORTER 飛鼠(とびねずみ)
      TRANS PORTER 花車(カエル)
材料:銅 真鍮  樹脂
小さな生き物が花を運んでいる愛らしさを表現しました。

水代 達史 (みずしろ さとし)
1982年生まれ
2011年 東京藝術大学大学院 美術研究科 彫金専攻修了
現在   グループ展を中心に作家活動中
●受賞歴
 2011年 原田賞 台東区長奨励賞
 2010年 藝大アートプラザ大賞 準大賞
       Via Art 2010 審査員『池内努賞』受賞
●活動歴
 2011年 Metal art exhibition (新生堂/青山)
       METAL × ARTS 展 (西武本店アートフォーラム/池袋)
       GEIDAI ART × RUMANIAN ART 2011 (ホテル椿山荘東京)
 2012年 彫金の風景III (藝大アートプラザ)
       GEIDAI ART × RUMANIAN ART 2012 (ホテル椿山荘東京)
 2013年 彫金の風景 軽井沢 (軽井沢ニューアートミュージアム)


■林 宏樹



作品名: 無題  (P50)
       あさぼらけ (P30)
材料: 和紙・岩絵具・箔・膠
人は幻想に対価を支払い、見えないものに恐怖をする。
バリケードテープは、見えない恐怖を可視化させる装置として、領域を不連続なものにする。
世界との連続性をテーマに制作しています。


林 宏樹 (はやし ひろき)
1991年 埼玉県生まれ
2010年 巣鴨高等学校 卒業
2015年 東京藝術大学 美術学部絵画化日本画専攻 卒業
現在   東京藝術大学大学院 美術研究科文化財保存学専攻 修士課程 在籍
      株式会社 MeltingPot 経営企画部

  • ニュース一覧

ページのトップへ