HORIのものづくり

堀商店は職人の手によって生み出される伝統的な建具金物を数多く生産しています。
座付把手の製作工程をご紹介いたします。

材質:青銅
仕上:BY

  • 鋳造
  • 手仕上げ
  • 機械加工
  • 研磨
  • 表面処理
  • 組み立て

2.手仕上

鋳肌を削り、形を整える。

手仕上げ工程1 溝をヤスリで仕上げていく。
このデザインの場合、溝が重要なのでラインを崩さないよう細心の注意して仕上げる。
手仕上げ工程2 広い面はグラインダー(注2)で粗削りをする。
グラインダーやヤスリは目の粗いものから細かいものへ、何段階か踏んで仕上げていく。
手仕上げ工程3 グラインダーが当たらない部分は、ヤスリで削る。
溝に限らず、全体的にハンドルの形状を崩さないよう注意しながら鋳肌を削っていく。
手仕上げ工程4 ヤスリでも削れない細かい部分は紙やすりで削っていく。

(注2)グラインダー
円盤型の砥石を高速で回転させ、工作物を削ったり、磨いたりする機械。

  • 鋳造
  • 手仕上げ
  • 機械加工
  • 研磨
  • 表面処理
  • 組み立て
  • 会社案内
  • HORIのものづくり
  • ショールーム
  • 堀ビルについて
  • 会社概要
  • 地図

ページのトップへ